目元の色素沈着の改善方法!シミみたいな茶クマは解消できる

目元の色素沈着の改善方法を解説。目元のシミみたいな茶クマは適切なケアで簡単に解消できます。今まで目元の色素沈着をあきらめていた方はココで解説する目の下の色素沈着(茶クマ)の改善方法を実践して解消してください。

目の下のシミが!?色素沈着してしまう原因

目の下は色素が沈着しやすい

目の下に茶色の色素沈着やシミができてしまう症状の事を茶クマと言います。

ほっぺやおでこ、顔には様々な部分があるのにどうしても目元だけに色素沈着ができてしまう。

このように色素沈着(茶クマ)は、なぜ目の下にだけ発生してしまうのでしょうか?
この原因を知るだけで目元の色素沈着は簡単に改善解消する事ができるようになります

実は、目の下に色素が沈着しやすい理由はある明確な根拠があるのです。

ポイント

それは、他の顔の部分と比べ目元は皮膚が薄いという理由が挙げられます。

皮膚が薄いので少しでも色素が沈着してしまうと、目の下の茶クマはとても目立ってしまうのです。

実はおでこやほっぺなど、目の下と同じくらい色素が沈着しています。
しかし人間には、皮膚の生まれ変わりサイクル(28日周期でやってくる)があるため、おでこやほっぺの色素沈着はすぐに改善します。

しかし、目元の皮膚は少しでも色素が沈着してしまうと皮膚が薄いため少しの茶クマでもかなり目立ってしまうのです。

この章のメモ

目元の皮膚は薄く色素沈着が目立ちやすい

また、色素沈着が目立つのは目の下の皮膚が薄いからだけではありません。

以下でも解説するように目の下の皮膚はダメージを受けやすく、色素沈着が発生しやすい部分でもあるのです。

 

全ては刺激やダメージが原因

混同しやすいのでここで軽く説明しておきますが、「色素沈着」と「シミそばかす」は同じ意味。

そして色素沈着が発生する原因は刺激やダメージからです。

刺激やダメージといっても様々なものがあります。
「普段のお化粧」から「日光による紫外線」、「洗顔」「クレンジング」などなど。

日常生活において、私たちはダメージがない時がないときの方が珍しいくらい刺激を受けています

注意

特に紫外線や化粧は、目の下の色素沈着を招きやすいです。

体や体は服やズボンをはいているため紫外線を防いでいます。
しかし顔は全くの無防備状態なので、常に紫外線の刺激を受けやすく色素沈着しやすいと言えるのです。

それに加え、毎日のお化粧。
多くの方は目の周りを重点的にメイクしますよね。
毎日目の周りに多くの刺激を与えることによって、目元や周りに色素が沈着してしまうのです。

またさきほど、目の下の皮膚はとても薄いと言いました。
目の皮膚が薄いという事はそれだけ防御力も低いという事につながるので、特に目元には色素が沈着しやすい原因につながっているのです

参考

男性と違い女性はメイクの工程があるため、特に茶クマに悩まされやすいです。

 

目元は乾燥しやすくダメージを受けやすい

目元に色素沈着しやすい原因はもともと目元はダメージを受けやすいという原因もあるからです。

目元の皮膚はとても薄いため、ダメージを受けやすいと説明しましたが、皮膚が薄いのはダメージを受けやすいというデメリットだけではありません。
水分をたくさん保っておけないというデメリットもあるのです。

ですから目元の皮膚は薄いため水分量が少なく乾燥しがち。

乾燥しがちな目元は弾力が失われやすく弾力による防御ができないため、さらにダメージを受けやすいのです。

乾燥も目元の色素沈着の原因と言えます。

 

色素沈着は防衛反応だからある程度はしょうがない

ではなぜ刺激を受けると色素沈着してしまうのでしょうか?

それは、色素沈着は体の防衛反応だからです。

参考

たとえば紫外線で考えると分かりやすいです。

 

紫外線が多い晴れている日、まぶしい時にどうやって対処しますか?

サングラスをかけて対処しますよね。
サングラスは茶色から黒など濃い色のものが多いです。

 

紫外線を受けると色素が沈着してしまうのもこれと同じこと。

目元が紫外線の刺激を受けると、紫外線を体の中に入れてはいけないという防衛反応から茶色の色素を発生させて防ごうとしているのです。

このような紫外線などの刺激から守るための防衛反応こそ色素沈着の正体なのです。

そして、サングラスのような色を通さないための働きをするのが茶色という事になるのですね。

ちなみにこの茶色の色素はメラニンといます。
シミやそばかすの原因においてメラニンという単語はよく聞きますよね。

茶クマも同じで、目の下に色素沈着している状態は目元にメラニンが多く発生している状態

この章のメモ
  • 色素沈着は防衛反応
  • 茶色の理由は紫外線を通さないため(サングラス効果)

茶クマと言われる目の下の色素沈着は、人間の防衛反応である以上しょうがないものといえます。

しかし多くの方は目元の色素沈着(茶クマ)が邪魔と考えるでしょう。

もちろん、筆者も茶クマは大嫌いです。
老けて見えますから(笑)

しかし、普通に生活していれば絶対に目の下に色素が沈着してしまう以上、茶クマと上手に付き合っていかなければならないのです。

ここからは茶クマと上手なつき合い方について解説しています。

それは「適切な目元の色素沈着改善方法」であったり、「目元の色素沈着におすすめなアイクリーム」であったり、様々なことを解説していきますね。

 

目元の色素沈着は適切な改善方法が必要

ホットアイマスクやマッサージでは改善しない

目のクマ自体には様々な種類があります。

その中には実際にホットアイマスクやマッサージで改善するクマもあります。

注意

しかし、目元の色素沈着が原因の茶クマはホットアイマスクやマッサージでは改善しないのです。

目元の皮膚にメラニンが発生し色素沈着してしまっている以上、その皮膚自体を綺麗にしないと茶クマは改善しません。

ホットアイマスクで解消するのは血行不良の青クマやその他、急な三重まぶたなど。
マッサージも同様に青クマや赤クマなどを改善するために行う行為です。

なのであなたの目の下が茶クマである場合、アイマスクやマッサージをしても一向に改善しないので注意してください。

 

ターンオーバーで治ってもまた再発する可能性あり

目の下に色素が沈着しても、人間にはターンオーバーという皮膚の生まれ変わりサイクルがあるので多くの方は自然と茶クマが改善していきます。
そして最終的には綺麗な肌色をした目元に改称されていきます。

しかし、中にはなかなか茶クマが治らない方もいますね。

ポイント

結論から言えば、茶クマを改善する方法はターンオーバーを正常化することで目の下の色素沈着を綺麗に消すことができます。

ではなぜなかなか目の下の色素沈着が治らない方がいるのでしょうか?
なかなか茶クマが治らない方は、ターンオーバーが正常化していないことや、継続的な刺激により常にメラニンが発生している状態にあります。

一度、目の下の茶クマが改善したとしてもまたすぐに再発している可能性があるという事です。

ターンオーバーの正常化をしていくことにより、刺激を毎日与えても規則正しいターンオーバーを維持しているのであれば、誰でも茶クマを改善する事ができます

 

皮膚が薄いため丁寧に扱わなければならない

目の下の扱い方はとても丁寧に行うようにしてください。

その理由はさきほどから言っていますが、目元の皮膚はとても薄いからです。

チャチャッとメイクをする時は意外と目元を雑に扱ってしまいがち。
早くメイクを完成させたいがあまり強くこすり過ぎるなど、私たちの気が回っていない部分で目の下の色素沈着の原因を作ってしまっているのです。

また、朝の洗顔時、目やにを綺麗に取りたくて目の周辺を強く洗顔していませんか?
これも目元の色素沈着の原因。

私たちが思っている以上に目元の皮膚はとても薄くデリケートなのです。

ここまでのまとめ
  • ホットアイマスクは茶クマに意味がない。
  • ターンオーバーが乱れているから茶クマが治らない。
  • 思っている以上に目の下の皮膚はデリケート

 

目の下の色素沈着の上手なつき合い方や原因がしっかりわかったところで、今度は色素沈着の具体的な治し方に移っていきましょう。

ポイント

目元の色素沈着は「ターンオーバーを正常化させること」や「目の下の保護をする成分」で解消します。

 

目元の色素沈着(茶クマ)を改善する方法

毎日の「目元専用」アイクリームが重要

上記で少し触れましたが、目元の色素沈着を改善するには、ターンオーバーの乱れを治したり目の下の保護をする成分が大切だと説明しました。

そしてこれらを効果的に改善していけるのはアイクリーム。
アイクリームとはその名の通り「eye+cream」の事で、目元専用に作られているクリームの事。

ポイント

目の下はとてもデリケートにできていると。説明しました。

デリケートな目元に摩擦を与えず、さらには特殊な構造網にもしっかりと浸透し解消できるように作られているのがアイクリームなのです。

今まで使用していた美容クリームで茶クマが改善しなかった理由は、アイクリームを使っていなかったことが原因。

本気で目の下の色素沈着を改善していくのであれば、目元専用のアイクリームを使うことがとても重要なのです。

 

毎日のアイクリームで得られるメリット

目の下の色素沈着を改善解消するためにアイクリームを塗ると、目元の色素沈着改善以外にも様々なメリットが得られます。

まずは茶クマを改善するだけではなく、茶クマを対策できるということ。
毎日アイクリーム塗り続けることで美容成分が防御役割を果たし、「メイクの時に与えるダメージ」や「紫外線のダメージ」から目の下の皮膚を守れるようになります。

すると今度は茶クマができにくい目元を作っていくことができるのです。

それに加えターンオーバーが正常化していくので、どんどん茶クマが改善していきます。

茶クマが改善していけば、おのずと色素沈着は解消されます。

ポイント

アイクリームは目元にだけ使用しなければならないというわけではありません。

もちろん、目の下だけではなく目の周辺に塗ることで、トータル敵に目の周辺のケアをする事ができるのです。

たとえば、まぶたに寝ることで余分な線がついてしまう三重まぶたの対策もする事が可能です。

アイクリームにデメリットはありません。
メリットばかりなので、アイクリームは毎日使いましょう。

MEMO

 

関連記事≫三重まぶたにおすすめのアイクリーム

 

アイクリームを使う時期は早いほうが良い

アイクリームはいつから使用すればいいのだろう?
10代からでは早いかな?

など、アイクリームに対して遠慮している方が多く見られますが、結論から言えばアイクリームを使う時期は早ければ早いほど良いと言えます。

その理由は2つあります。

1つ目は目の下の皮膚はデリケートなので、早めにアイクリームで目元の保護をする習慣をつけておかなければ茶クマができやすい目元になってしまうということ。

そしてもう1つの理由は、効果が出るのが遅いということが挙げられます。

目の下のケアをする商品としては、アイクリーム以外にも目元パックというものがあります。

目元パックは密閉性が高いので効果が一日で目に見えるなど速効性が高いという特徴があります。
それとは違い、アイクリームは目元パックよりもほんの少しだけ効果が出るのが遅いということがあります。

つまり、目元トラブルの解消の早さに違いがあるという事。

ですからアイクリームを使う時期は早ければ早いほど良いのです。

アイクリームのここがオススメ。

目元パックよりもアイクリームは効果が出るのがほんの少しだけ遅いのですが、その分だけコスパに優れています

目元パックよりも安く購入できますし、1本で1ヶ月や2ヶ月使うことができます。

関連記事≫アイクリームはいつから使うべき?早ければ早いほど良いその理由とは

 

 

目の下の色素沈着を改善するアイクリームの選び方5つ

1.【必須】目元専用成分配合

目の下の色素沈着を改善するのですから、アイクリームに目元専用の成分が含まれていることが好ましいです.

目の下はとてもデリケートで特殊な構造をしています。

その特殊な構造に効果的に成分を届けられるように、そして浸透させられるように目元専用成分が配合しているアイクリームを選びましょう。

ポイント

目の下専用成分の主な効果は目の下の保護をしたり、美容成分をサポートし許可するという役割があります。

 

2.【重要】ビタミンC誘導体配合

アイクリームを選ぶ際にビタミンC誘導体が入っているものであれば茶クマを効果的に改善していくことができます。

ちなみにビタミンC誘導体とは、ビタミンCをさらに浸透させやすくしたものです。

MEMO

ビタミン C 誘導体の効果としては以下のもの。

  • 刺激によるメラニンの発生を抑え茶クマを進行させない。
  • コラーゲンを助けることにより、みずみずしい目元を作り防御力をアップ。
  • ターンオーバーを正常化させ、新しい皮膚に生まれ変わらせる。

ビタミンC誘導体はこれらの効果があります。

ですから茶クマ改善をするにあたり、アイクリームにビタミン C 誘導体の配合は必要。

 

3.【重要】実績

目元専用成分配合という事やビタミン C 誘導体配合ということも重要ですが、そのアイクリームの人気度も購入の決め手となります。

  • 今までどれだけの販売実績があるのか
  • どのような種類の実績があるのか

などなどアイクリームは見るべきポイントがたくさんあります。

それぞれのアイクリームの実績に注目してみてください。

 

4.コスパ

アイクリームは毎日使い続けることで目元の色素沈着解消に大きな効果を発揮します。

これは要するに、アイクリームをスキンケアの日課として行わなければならないという事です。

とても効果の高いアイクリームだとしても、購入する時に金銭面で余裕がなければ、翌月以降はそのアイクリームを使い続けることができません。

重要なことはアイクリームのコスパの高さ。

もちろん「超高品質の超高級アイクリーム」を使うのは目の下の色素沈着にとても効果的といえます。
ですが、これでは金銭的になかなか続けることはできません。

ポイント

比較的安い価格で買えるけれども大きな効果を発揮するアイクリームを使用するのが一番コスパが良いと言えます。

 

5.デリケートな部分だから目元専用クリームであること

ここまで読んで「普通の美容液」や「美容クリーム」ではダメなのか?と思うかもしれません。
その答えとしてはあまり良くないと言えるでしょう。

ハッキリ言ってデリケートな部分だからこそ、目元専用のクリームということにこだわってください。

目元専用のクリームには目元専用の成分が含まれていたり、目元に必要な美容成分が凝縮されて含まれています。

参考

通常の美容クリームは、どの部分に塗ってもある程度の効果が出るように幅広く幅広い美容成分を含んでいます。
浅く広くという感じでしょうか。

 

その点アイクリームは目の下専用に作ってあるので、目元にだけ必要な成分を凝縮して濃く作ってあるのが特徴。

 

ですから、目の下の色素沈着を改善解消するのであれば目の下専用のアイクリームでなければならないのです。

 

では具体的に、目元の色素沈着を改善するのであればどのようなアイクリームを選べばよいのでしょうか?

以下では【目元の色素沈着(茶クマ)を改善するアイクリームおすすめランキング】を紹介しています。

 

目の下の色素沈着(茶クマ)を改善するアイクリームを一発比較

※準備中

目元の色素沈着(茶クマ)を改善するアイクリームおすすめランキング

1位 アイキララ

アイクリームの評価
茶クマ改善
(5.0)
保湿
(4.0)
茶クマ以外
(4.5)
実績
(5.0)
人気度
(5.0)
総合評価
(5.0)
  • 目元専用成分配合
  • ビタミンC誘導体配合
  • 茶クマ改善なら最高の商品
  • 審査機関で効能評価済み
  • 医学誌掲載実績あり
  • 全額返金保証付き

茶クマを改善するアイクリームを選ぶのであれば、現時点ではアイキララが最高のアイクリームと言えるでしょう。

まず第一に、アイキララには数ある実績を保有しているという事が挙げられます。
アイキララのクマに対する効果が第三者機関の審査により効能が評価されていたり、医学誌に掲載されたりします。

そして何より、今なお27秒に1本売れるほど人気のこのアイキララ。
その累計販売本数は私たちが想像しているもの以上。

そしてなぜアイキララが目の下の色素沈着に効果的なのかというと、他のアイクリームにはない2つの成分を同時に含んでいるからです。

ここがオススメ!

まずはビタミンC誘導体を配合しているということ。

ビタミンC誘導体を配合している事により、目の下の色素沈着の原因であるメラニンの生成を抑え美白する事ができます。

さらにターンオーバーの正常化をする事ができるので、目の下に色素が沈着している人も、新しく綺麗な目の下の皮膚に変えることができるのです。

ここもオススメ!

そしてもう1つは、目の下専用成分のハロキシルを含んでいる事。

このハロキシルはコラーゲンの力を最大限までに引き出し、目の下の防御力を上げることにより、摩擦を軽減。

それにより目の下に色素が沈着しにくい目元作りをする事ができるのです。

 

ハロキシルのここが凄い!

このハロキシルさえあれば、コラーゲンの力が最大限に引き出されます。

それは茶クマを解消するだけではなく、様々な目元トラブルを解消する事につながります。

たとえば目元の皮膚痩せによる青クマもコラーゲンの弾力により解消する事が可能です。
また、コラーゲンは保湿する事も可能なので乾燥しわも解消できます。

 

茶クマに効果的とされる2つの成分「目下専用成分ハロキシル」と「ビタミン C 誘導体」を同時に含んでいるのはアイキララだけ。

だからこそ、今なお27秒日本売れていますし、第三者機関により効能が評価されているのです。
今なら全額返金保証があるので、目の下の色素沈着を改善したいと強く思うのであればまずはアイキララから始めてみましょう。

 

 

2位 メモリッチ

アイクリームの評価
茶クマ改善
(4.5)
保湿
(5.0)
茶クマ以外
(4.5)
実績
(3.0)
人気度
(4.0)
総合評価
(4.5)
  • アイキララに次いで人気 No.2
  • 豪華な成分が魅力
  • ビタミンC誘導体で茶クマ改善
  • セラミドで保水、乾燥を解消
  • アイキシルで弾力アップ
  • 全額返金保証あり

目の下の茶クマを改善する事にあたって、次におすすめできるのがメモリッチ。

メモリッチを使用する事のメリットは、茶クマだけではなく全てのクマを総合的に改善する事ができるという事です。

ここがオススメ!

メモリッチにはビタミンC誘導体が配合されているので茶クマ改善に効果的。

それに加え、独自成分アイキシルが目の下をふっくらさせてくれるので黒クマも改善。
さらに、セラミド配合している事により乾燥の解消や、かさつきによるダメージも防ぐことができます。

これらの豪華な成分が魅力で、今メモリッチは人気をジワジワと上げてきています。

アイキララと違い、目の下専用の成分が含まれていないという事と、実績がまだ少ないということでランキングは2位。
ですが潜在能力を含めるとすれば1位といっても過言ではないでしょう。

メモリッチは茶クマだけに特化して改善したいというよりも、総合的に目の周りのトラブルを改善解消したいという方におすすめ。

アイキララと同様、全額返金保証があります。

 

3位 アテニア

アイクリームの評価
茶クマ改善
(4.0)
保湿
(4.5)
茶クマ以外
(4.0)
実績
(3.5)
人気度
(4.0)
総合評価
(4.0)
  • エネリブートGY で血の巡り改善
  • オイルで保湿、乾燥を解消
  • 返金保証あり
  • お得なセット購入あり

アテニアの特徴は、「ビタミンC誘導体」や「目の下専用成分」は含まれていませんが、エネリブートGYという独自成分を使用している事が特徴。
簡単に言えばエネリブートGYは血液の滞りを解消できる成分。

目の下は毛細血管が少なく、血の巡りが滞りやすいです。
目の下の血の巡りが滞ると目の下に栄養が行かなくなりターンオーバーが乱れてしまい、その結果、皮膚が劣化したままの状態になってしまいます。

ここがオススメ!

目の下にエネリブートGYを加えることにより、目の下の隅々まで栄養を届けることができるようになります。

それによりターンオーバーを正常化し茶クマを改善する事ができるのです。

保湿成分も複数のオイルを配合する事により、油分の少ない目の下の乾燥を解消。

そして今なら「化粧水」や「美容クリーム」など様々な化粧品がついて来るのでとてもお得。
目元の色素沈着のついでに、目の周りにも油分を与え乾燥を解消できるなんてありがたいですよね。

クリームが付属してくることや、油分の多いオイルが配合されているということから、茶クマに悩まされていて30代以降のカサつきがちな方におすすめのアイクリーム

返金保証もあります。

 

4位 シマボシコレクティブアイセラム

アイクリームの評価
茶クマ改善
(4.0)
保湿
(5.0)
茶クマ以外
(4.0)
実績
(4.0)
人気度
(4.0)
総合評価
(3.5)
  • プラセンタでメラニンを撃退
  • 美白効果で茶クマを改善
  • セラミドで保湿、乾燥を解消
  • 返金保証あり
  • 少し価格が高い

シマボシコレクティブアイセラムの特徴は、ビタミンC誘導体は入っていないもののプラセンタの力で茶クマを改善解消する事ができます。
またプラセンタの美白効果も期待する事ができるアイクリームです。

プラセンタのメラニンを抑制する効果は、第三者機関でも効能が評価されているので、誰でも安定的に効果を出すことができます。

それに加えセラミドが配合されているので、茶クマを改善し美白をしつつ乾燥しわも同時に解消する事が可能。

医薬部外品なのでとても効果は高いですが、その分だけ価格が上昇してしまうというデメリットがあります。

しかし、価格が気にならないのであればシマボシコレクティブアイセラムもおすすめ。
クレジットカード購入に限り返金保証がついています。

 

5位 ビーグレン

アイクリームの評価
茶クマ改善
(4.0)
保湿
(5.0)
茶クマ以外
(4.5)
実績
(4.0)
人気度
(3.0)
総合評価
(3.5)
  • 海外ドクター考案の QuSome で高浸透
  • ビタミンC誘導体配合で茶クマを解消
  • セラミド配合で乾燥を解消
  • トライアルセットでお得

ビーグレンは海外のドクターが開発したアイクリームで、 QuSomeという独自技術を使用しているのがポイントです。

ここがオススメ!

QuSomeという独自技術はビタミンC誘導体やその他の美容成分を閉じ込めたカプセルをナノ化した技術の事

これにより、より深くまでビタミンC誘導体を届けることができるので、頑固な茶クマを改善することができます。

またセラミドも配合しているので高保水力があり、乾燥しわも解消する事ができます。

初回購入時は様々なアイクリームや美容クリームも一緒に購入できるトライアルセットが魅力的。

しかし「2回目以降がかなり高い」という事や、「目の下専用の成分が含まれていない」ことによりランキングは4位となります。

 

 

6位 目元とまつ毛のご褒美

アイクリームの評価
茶クマ改善
(4.0)
保湿
(3.0)
茶クマ以外
(3.0)
実績
(3.5)
人気度
(4.0)
総合評価
(3.0)
  • 蛯原友里さんも使用
  • ビタミン C 誘導体配合
  • まつ育も同時に

目元とまつ毛のご褒美は、モデルの蛯原友里さんも使用しているという事から若い女性に人気のアイクリームです。

ビタミンC誘導体が配合されているので目の下の色素沈着を改善する事が可能。

また、こちらのアイクリームのおすすめポイントはそれだけではなくまつ育成分も入っているので、「まつげを綺麗に伸ばしたい」という方にもおすすめ。

まつ育成分が入っている事から、若い女性に人気。

初回購入時はとても得に購入する事ができますよ。

 

茶クマを改善するアイクリーム選びに迷ったら

茶クマを改善するアイクリーム選びに迷ったら、目の下専用成分が入っているアイキララを購入しておけば間違いありません。

ここでアイキララのおすすめポイントをまとめておきましょう。

アイキララは目の下専用成分「ハロキシル」を配合。
ハロキシルはコラーゲンの力を強力にサポートします。

コラーゲンが、より強力に働けば目元の弾力は蘇り、摩擦に強い目元を作ることができます。

ポイント

摩擦に強い目元を作ることができれば、非常に薄いと言われている目元の皮膚の防御力が上がるため、色素沈着しにくい目元を作ることができるのです。

そしてビタミンC誘導体を配合している事により、メラニンの生成を抑えることができます。
これにより美白茶クマ対策など様々な目元トラブルを解消する事が可能。

ここがオススメ!

さらにビタミンC誘導体は肌の生まれ変わり(サイクルターンオーバー)を正常化する事ができるので、頑固な目元の色素沈着も垢として排出し、目元を綺麗な皮膚に変えることができるのです。

アイキララは27秒に1個売れるほど人気で、それはリピーターが多いからできること。

そしてそのアイキララの効果は医学誌に掲載されたり、第三者機関で効能評価されているなど、色々なところで認められているアイクリーム。

目元の色素沈着の改善方法は簡単。
アイキララを毎日塗るだけで良いのですから。

今ならアイキララは全額返金保証があるので目元の色素沈着を改善したい!!と思うのであればアイキララを使ってみてください。

今までの美容クリームやアイクリームとは全く違う結果になりますよ。